2022年1月1日土曜日

日本共産党創立百周年の年 ひとまわり成長し勝利へ:兵庫県委員長 松田隆彦


『兵庫民報』読者のみなさま、新年あけましておめでとうございます。
昨年は、コロナ禍の困難な中、総選挙、県知事選、神戸市長選、各議員選挙で、大変お力添えをいただき、ありがとうございました。厚くお礼申し上げます。
昨年発足した岸田自公政権は、維新など補完勢力の加勢も得て、新自由主義の継続・強化、敵基地攻撃能力の検討と大軍拡、憲法改定への道を進めています。またメディアも巻き込んで、その最大の障害となる野党共闘と、日本共産党への攻撃を強めています。県内で五十万筆の新憲法署名をめざす活動など、草の根からのたたかいがいっそう重要です。
日本共産党は反戦平和、自由と民主主義、生活の向上をめざし、文字どおり命がけでたたかい続け、今年創立百周年を迎えます。その革命的伝統にかけて、夏の参院選では、何としてもこの流れを押し返し、一人区での野党共闘勝利と比例区・複数区での日本共産党の躍進で、改憲勢力を三分の二以下に押し止めなければなりません。
比例で全国六百五十万票、兵庫県三十六万票を獲得し、五議席絶対確保・大門みきし参院議員の再選、選挙区こむら潤さんの勝利のために、今年も大きなご支援、お力添えをいただけますようお願い申し上げます。

(兵庫民報2022年1月2日付)11:30