2021年11月21日日曜日

兵庫山河の会 〈十一月〉

コロナ死の日々止まらずこれまさに令和の戦死と諾ひてをり
 石井敏子

ふと見れば庭の石蕗咲き出でぬ冬の到来逸早く知る
 鵜尾和代

救急車来るまでじっと見も知らぬ人の手握る神の掌思う
 古谷さだよ

唯一の戦争被爆した国がこの条約に背を向け続け(核兵器禁止条約)
 西澤 愼

休日に図書館に通う人多し読書の秋は人も実らす
 大中 肇

一万歩超えてビラ撒き歩く日は湿布を貼りて膝を労る
 塩谷凉子

夕焼けの団地をめぐりビラ配り政権選択見出し新鮮
 山下 勇

哀しみの我の数式解けぬまま小数点はいつまでも続く
 古賀悦子

守るべき未来のための一票と筆圧強く党の名かかん
 山下洋美

声上げし市民と野党素晴らしき共闘壊すな政権変えたし
 岸本 守

(兵庫民報2021年11月21日付)11:30