2021年10月3日日曜日

あったか神戸 岡崎ふみのりさん:〝すぐやる〟提言で「命を守ります!」


市民にあたたかい神戸をつくる会の岡崎ふみのりさんは、「〝すぐやる〟提言・命を守ります!」を掲げ「命とお金を天秤にかける冷たい市政はもう終わりに」と市内各地を駆け回って訴えています。その提言は三つ――
 

①病院病床と保健所を増やす すべての患者に必要な病床医療を提供します。政府の「原則自宅待機」では市民の命は守れません。行政区に保健所を復活させ、病院統廃合や病床削減をストップし、医療機関と従事者への支援をつよめます。
②雇用と営業をしっかり補償 コロナ禍で事業継続が困難となっている中小企業・自営業者への補償を強め、持続化給付金・家賃支援給付金の第二弾の実施を求めます。離職、減収となっている非正規労働者、ひとり親家庭、学生を支援します。
③少人数学級をただちに実施 学習の遅れと格差の拡大、子どもたちの心身のストレスには手厚い教育が必要です。教育予算と教員を抜本的に増やし、少人数学級で、学び、身体のケア、感染防止と安全を保障する学校をつくります。

(兵庫民報2021年10月3日付)16:00