2021年10月3日日曜日

日本共産党兵庫県委員会オンライン演説会:比例はどこでも必勝区――こむらさんを兵庫から四人目の党女性国会議員に

視聴者に手をふり挨拶する予定候補のみなさん

日本共産党兵庫県委員会は九月二十六日、「いざ総選挙! オンライン演説会」を開催。

リモートで講演する小池晃書記局長

小池晃書記局長が質問に答える形でリモート講演し、「比例はどこでも必勝区。比例近畿ブロックで四議席を絶対に回復し、兵庫県四十六万票の獲得で、こむら潤候補を国会へ」「日本共産党の躍進と、市民と野党の共闘で政権交代を実現し、医療・介護を切り捨てる新自由主義の政治を終わらせよう」と訴えました。とくに、こむらさんについては、「安武ひろ子さん、藤木洋子さん、大沢たつみさんに続いて、兵庫から四人目の党女性国会議員を」と強調しました。
比例候補の清水ただし衆院議員、こむら潤さん(兵庫八区重複)、県内小選挙区候補の、宮野つるおさん(二区)、赤田かつのりさん(三区)、福原ゆかりさん(九区)、太田清幸さん(十一区)が県委員会大会議室からそれぞれ決意を語りました。
また、民青同盟の山本真理奈さん、未来の社会を考える仲間たちの久一千春さん、兵庫民医連の大澤芳清さんが日本共産党躍進への期待、共同してたたかう決意をビデオメッセージで語りました。
神戸市長選に立候補を表明している市民にあたたかい神戸をつくる会の岡崎ふみのりさんも挨拶しました。
開会に先立ち、まだ候補者が確定していない小選挙区からは、地方議員や後援会員らがそれぞれの地域の課題、要求、日本共産党躍進への決意を語りました。



(兵庫民報2021年10月3日付)18:00