近畿オンライン演説会

3.20日本共産党近畿オンライン演説会:録画公開中



3月20日に行われた日本共産党近畿オンライン演説会の録画がYouTubeで公開されています。上の画像をクリックすると視聴できます。

2021年4月4日日曜日

政治を身近に「理想の政治選手権」:政策づくり・選挙を模擬体験


民青同盟兵庫県委員会は三月二十八日、学生の新入生歓迎会企画「選挙と友達になろう――理想の政治選手権――」を開催しました。参加者でグループに分かれて話し合い、政策と政党をつくり、討論して最後は選挙をするという企画です。
三つのグループに分かれて話し合った結果――
▽「SDGsの推進のために二酸化炭素削減、再生可能エネルギーを増やして原発と火力を減らす」「プラごみ削減のために生分解性プラスチックの開発を支援する」「キャッシュレス化を推進するために電子決済を一本化する」などの政策を持つ〝進歩党〟
▽「法案審議の透明化のために事前審査制を廃止する」「ジェンダー平等の実現のために、男女の二分化を緩和する。具体的にはトイレや更衣室などで第三の部屋をつくる」「学費の無償化」「保育園の増設」「再生可能エネルギーの普及促進で原発と火力を減らす」「デジタルサービスにアクセスできない人を対象に紙媒体のサービスを継続する。紙は地元の製紙業のものを使う」などの政策を持つ〝あおぞら党〟
▽「九条改憲で自衛隊を自衛軍にする。ただし専守防衛は維持」「国旗を大事にするために国民全員に国旗を配る」「学費半額の実現」などの政策を持つ〝日本の力〟
――の三つの政党ができました。
討論では「キャッシュレスの一本化では企業活動の自由を制限することになるがどうなのか(進歩党への質問)」「デジタルにアクセスできない人に対しては教育的な機会が大事なのではないか(あおぞら党への質問)」「専守防衛を維持するなら現行憲法のままでも問題ないのでは(日本の力への質問)」など活発に質疑応答が行われました。
質疑応答をふまえて各政党で話し合いの時間を持ち、政策の練り上げや修正などを行い、最終確定させた政策を各党の党首が報告。
最後に投票を行い、あおぞら党が第一党に選ばれました。
参加者は「ふだん話さないジェンダーについての自分の思いを話してグループのメンバーが聞いてくれたのがうれしかった」「政治が身近に感じられた」などの感想を話しています。
〔上園隆=民青県委員長〕

(兵庫民報2021年4月4日付)