2021年1月10日日曜日

宮本たけし「野党連合政権つくれば、少人数学級はすぐに実現」:連載「東奔西走」9


いよいよ今月、菅義偉政権として初の通常国会が召集され、予算審議が始まります。予算案全体は、極めて国民に冷たいものですが、小学校の「三十五人学級」の段階的実施など「一歩前進」と言える内容もあります。
私は、昨年七月十五日、「ポストコロナに子どもと学生に希望を届ける宮本プラン」と題する政策提言を発表し、小中高に二十人程度の少人数学級を導入することを求めました。
その後、教育研究者がよびかけた署名運動、教職員組合や全国の父母の運動と日本共産党の国会論戦が政治を動かし、文部科学省も公立小中学校での三十人以下の少人数学級実現を、概算要求に盛り込みました。しかし今回決定された予算案は、これから五年計画で小学校のみ三十五人学級にするという極めて不十分なものです。
二〇〇九年に私が衆議院議員に初当選した総選挙で誕生した民主党政権は、今では「幻の教職員定数改善計画」と呼ばれる計画を発表しました。それは二〇一一年から二〇一八年までの八年間で公立小中学校のすべてを三十五人以下学級にした上で小学校一・二年生は三十人以下学級にするというものでした。あのまま実現していれば、すでに今回の政府案よりはるかに進んだ状況になっていたはずです。それを当時野党だった自民党や公明党が妨害したのです。
私たちは今「新しい日本をつくる五つの提案」の一項目に「少人数学級の速やかな実現」を掲げています。
この経緯は市民と野党の共闘で野党連合政権をつくれば、少人数学級はすぐにでも実現できることを示しています。希望をひらく政権へ、今年こそ勝利しましょう。
(日本共産党前衆院議員)

(兵庫民報2021年1月10日付)