2020年10月11日日曜日

須磨区白川・落合で赤田かつのりさんと後援会が宣伝ラリー


神戸市須磨区の日本共産党白川・落合後援会が、赤田かつのり衆院兵庫三区予定候補とともに十月四日、宣伝ラリーを行い、後援会員十人が参加しました。
秋晴れのもと東白川台から南落合まで十一カ所で、会員それぞれがマイクを持ち「野党連合政権実現を」など訴えました。
赤田かつのりさんは、コロナ対策、消費税減税、日本学術会議への菅政権による人事介入、大学学費、少人数学級などの問題で日本共産党の政策や見解を縦横に語るとともに、三期十二年の神戸市議の経験をこんどは国政の場で生かしたいと力強く訴えました。
*
コロナ禍のもと、後援会の行事・集会などを制約せざるをえませんでしたが、この日は、後援会員にもおおいに元気の湧く宣伝デーとなりました。
―古山千里(同後援会)

(兵庫民報2020年10月11日付)