2020年10月11日日曜日

日本共産党が社民党・新社会党と次期総選挙へ政策協定


日本共産党兵庫県委員会と新社会党兵庫県本部は十月二日、次期総選挙にむけ、政策協定を結びました。
また新社会党県本部は、日本共産党の兵庫八区こむら潤さん、兵庫九区福原ゆかりさんの推薦を決定しました。
*
また、日本共産党兵庫県委員会と社会民主党兵庫県本部も八月十二日に政策協定を結んでいます。こむら潤さん、福原ゆかりさんの推薦も九月四日に決定しています。
*
合意した政策はいずれも、①憲法にもとづき、立憲主義、民主主義、平和主義を回復する②新自由主義から転換し、格差をただし、暮らし・家計応援第一の政治にきりかえる③脱原発、再生可能エネルギーの拡大で、持続可能な社会をつくる④多様性を大切にし、個人の尊厳を尊重する政治を築く――の四本の柱からなっています。 

写真:調印を済ませた(左から)新社会党県本部の菊池憲之書記長・あわはら富夫県委員長、日本共産党県委員会の松田隆彦委員長・村上亮三書記長

(兵庫民報2020年10月11日付)