2020年10月18日日曜日

本気の共闘で政権交代を:兵庫7区市民連合が「7の日宣伝」


九月に結成した「連合政権をめざす兵庫七区市民連合」はさっそく西宮と芦屋の市民に訴えていこうと毎月の「七の日宣伝」の取り組みを始めました。
十月七日は、JR芦屋駅北のラポルテ東館前に呼びかけ人や賛同者十六名が集まり、宣伝行動を行いました。
「市民と市民、市民と野党のつながりを広げ、野党連合政権を」「来る総選挙で政権交代を」「菅新政権は強権政権。学術会議人事の介入に抗議しよう」などと代わるがわる訴えながら、七区市民連合の「呼びかけ」を配布しました。
通りがかりの人々から「野党政権をぜひ実現してください」などの声がかかりました。

(兵庫民報2020年10月18日付)