2020年10月11日日曜日

市民と野党の共闘で連合政権を:2区政策意見交流会


「兵庫二区政策意見交流会」が十月四日、長田区内で開かれ、立憲民主党のふなかわ治郎さん(兵庫県第二区総支部長)、新社会党のあわはら富夫さん(県本部委員長・神戸市議)、日本共産党の宮野つるおさん(兵庫・長田・北地区委員会常任委員)、緑の党の松本なみほさん(共同代表)が各党を代表して発言しました。立憲民主党の桜井周さん(兵庫県総支部連合会代表・衆院議員〈兵庫六区〉)、社会民主党の梶川みさおさん(兵庫県連合代表・宝塚市議)からもメッセージが寄せられました。
この交流会を呼びかけたのは、生田診療所所長の武村義人さん、番町診療所所長の松岡泰夫さん、劇団どろ演出家の合田幸平さん。最初に武村さんが基調報告を行い、来るべき総選挙で国民の生命・くらし・平和を守る政治に転換するために市民と野党の共闘をすすめようと問題提起。それを受けて、ふなかわさん、あわはらさん、宮野さん、松本さんが発言しました。(文責編集部)

立民・ふなかわさん
不妊治療を続けて、東日本大震災の時に息子を授かったことをきっかけに、政治で恩返ししたい、だれも死なない・支えあう社会をと活動してきた。野党共闘をめざして自公と対抗する政治を実現したい。市民連合の十五項目の要望書の実現にむけてがんばる。

新社会・あわはらさん
災害は社会の矛盾をあきらかにする。弱者をいかに救うかが政治の役割。前回は兵庫九区で共産党と一緒に候補者をたてた。今回は野党統一候補として一本化しようと話し合っている。共産党と政策協定を結んだ。立民とも話し合っている。共通政策に気候変動問題・被災者生活支援法の充実・などを加え、菅政権を倒して政権を変える政策を示して総選挙をと思っている。維新の動きにも注意が必要。

共産・宮野さん
生命・くらし・平和を守るために国政でたたかおうと決意した。安倍政治の負の遺産を終わらせて新しい政治を実現したい。日本共産党はコロナをのりこえた先に①ケアに手厚い社会をつくる②人間らしく働ける労働のルールをつくる③一人ひとりの学びを保障する社会④危機に強い経済をつくる⑤科学を尊重してコロナ対策を⑥文化・芸術を大事にする政治を⑦ジェンダー平等社会をつくる―ことを提案。人間を大切にする社会をつくるために頑張りたい。

緑の党・松本さん
大企業が政治献金をし、日本のエネルギー政策を握っている。これらの企業に融資している銀行を利用しないという声を広げたい。衆議院選挙で候補者はだせないが、野党共闘を成功させたい。
*
各党の発言に対し会場から、「もっと教育問題での具体的提案を」「PCR検査数を増やす必要・介護保険・国保料問題で国の負担を増やしてほしい」「候補者の一本化を実現してほしい」「消費税を五%に引き下げを」などの発言があり、発言者がそれぞれに応え、コーディネーターをつとめた武村さんが、大阪の都構想問題にふれ、維新政治は新自由主義そのものであることなど指摘するとともに、政治への怒りを結集して本気の共闘をしようと呼びかけました。

写真:(左から)緑の党・松本さん、共産・宮野さん、新社会・あわはらさん、立民・ふなかわさん

(兵庫民報2020年10月11日付)