2020年7月26日日曜日

一緒に政治を変えましょう:西宮革新懇が市民と野党の合同街頭宣伝


西宮革新懇は七月十八日、西宮高松ひなた緑地で、「ご一緒に政治を変えましょう! 憲法を生かした政治、野党連合政権を」めざす「市民と野党の合同街頭宣伝」を行い、約四十人が参加しました。
全日本年金者組合西宮支部長の小川嘉憲さん、新日本婦人の会西宮支部長の立垣満里さん、社会民主党兵庫県連合代表・宝塚市議の梶川みさおさん、日本共産党西宮市議のひぐち光冬さん、立憲民主党衆議院兵庫七区総支部長の安田真理さんが訴えました。
小川さんは、「GoToが、コロナを連れて旅をする」などの川柳で安倍政権を批判し、「今、市民と野党の共闘を発展させて安倍政権に代わる新しい政府をつくろう」と呼びかけました。
立垣さんは、「コロナ禍で医療、福祉、介護、教育、保育、経済などすべての面でこれまでの政治の在り方のおかしさが露呈。特に女性に困難と犠牲が押し付けられている。ジェンダー平等の社会の実現が必要です」と訴えました。
梶川さんは、「来る衆議院選挙で安倍政権を打倒するために市民と野党の共闘をさらに強くし、野党統一候補の勝利をめざし、まっとうな正直な市民が主役の政治を取り戻していかなければならない」と強調しました。
ひぐちさんは、「コロナを経験してこの政治を変えていかなければいけない。市民と野党が一致団結して、政治を変えていくことが必要です」と主張しました。
安田さんは、「経済最優先第一という社会の在り方を変えなければいけません。コロナ対策では自粛と補償はセットとし、確かな検査体制を構築し、感染拡大を抑え込んでいく。そんな当たり前の事が安倍政権ではできません。政治は変えられます。そのために市民と野党が共同して新しい政治を西宮からつくっていきましょう」と訴えました。
宣伝とあわせて、豪雨災害被災者救援募金も訴え、多くの方々から募金が寄せられました。
―樫村庸一(西宮革新懇)

(兵庫民報2020年7月26日付)