2020年7月26日日曜日

日本共産党支持の大波起こし:養父市議選も衆院選も宮本たけしさんが国会報告


日本共産党但馬地区委員会は七月十八日、養父市大屋町の「おおやホール」で、国政報告会を開催しました。
報告に立った宮本たけし前衆議院議員は冒頭、「この秋にも解散総選挙かと言われています。そうなると、養父市議会議員選挙とダブルになるか前後するか。いずれにせよ、日本共産党支持の大波を起こし、市議選も衆議院選挙も勝たせて下さい」と訴え。
衆議院選挙では、こむら潤さんが比例代表名簿に登載される予定です。宮本さんは、「こむらさんは尼崎の現職市議会議員です。市議のバッヂを外して、衆議院のバッヂも付けられないなどということはあってはなりません。こむらさんといっしょに、国会へ戻るのが私の使命です。どうか比例は日本共産党と政党名で押し上げて下さい」と呼びかけました。
コロナ禍での子どもたちの苦境を受けて提案した「宮本たけしプラン」の中身を中心に、国会論戦や日本共産党の提案を詳しく紹介し、「子どもたちが安心して学べ、希望が持てる社会をつくろう」と語りました。
会場からの「維新とはどういう政党か」「国会でも関西弁で質問して欲しい」「野党共闘はどうなっているか」などの質問にも丁寧に答えました。
宮本さんのユーモアを交えた語りは会場を沸かせ、「いい話を聞けた」「なんだか元気が出た」などの感想が寄せられました。
地元養父市の津崎和男市議は市議会報告で、「皆さんのお力で介護保険料の値上げ抑制や学校給食費の引き下げ、保育所の給食費無料化などを実現できた」「実施したアンケートで寄せられたご要望を実現するため、引き続き力を尽くし、夢がかなうまちづくりを進めたい」と決意を述べました。司会は竹浦昭男前市議議が務めました。

(兵庫民報2020年7月26日付)