記事を検索

2020年1月12日日曜日

日々の生活でCO2を減らすのに最も有効な行動は?:Fridays For Future Kobeが街頭アンケート


Fridays For Future Kobe(FFF Kobe)が12月19日、神戸の三宮センター街東入口で街頭アンケートに取り組みました。FFF Kobeでは「これまで気候マーチや大学内での座り込みを今まで行ってきましたが、それを見た人が『環境系なのね』『何かしているなあ』と思うものの、『じゃあ、自分も日々の生活で貢献したい』という段階に引き込めないという課題があったので今回のような活動をしてみた」といいます。「この中でCO2を減らすのに最も有効なアクションは?」とアンケートボードを掲げて道行く人に聞きました。
①週に5回、菜食中心の食事をとる。
②冬、エアコンの設定温度を27℃から23℃に下げる。
③ガソリン車から電気自動車に乗り換える。
通りがかった神戸市内で国際交流などに取り組んでいる女性は、アンケートに答え、「グレタさんのことは報道で見かけるけれど、神戸にFridays For Futureのグループがあることを知らなかった。自分で何かしたいと思っても具体的なアクションの方法が分からなかったので、少し参考になった」と話していました。
各選択肢の効果についての説明は、FFF KobeのFacebook pageにあります。
また、次の気候ストライキは、阪神・淡路大震災に想いを寄せて防災の大切さを、森林火災により甚大な被害を受けるオーストラリアの人々、動植物と連帯して次の日程で行われます。
[日時] 1月17日(金) 16〜17時
[場所] 神戸三宮センター街入口(三井住友銀行あたり)
また、4月にはアースデーにあわせてグローバル気候マーチを行う予定です。

(兵庫民報2020年1月12日付)

日付順目次