2020年1月12日日曜日

日本共産党第80回兵庫県党会議開く:連合政権担える党に――「大運動」目標達成へ決意

日本共産党兵庫県委員会は十二月二十二日、第八十回県党会議を開き、綱領一部改定案を含む大会議案の討議・練り上げを行い、「党大会成功をめざす党勢拡大大運動」の目標総達成へ意思統一を行いました。
松田隆彦県委員長は、「大運動」について、二度、三度と働きかけてきた人が入党を決意した経験、安倍政権のひどさに「このままでは日本中がだめになってしまう。こんな政治を次の世代に残すわけに行かない」と入党を決意した例を紹介。新入党員を迎えた支部では、「もっと視野を広くして入党対象者を見ないといけない、情勢の変化で党員や支持者も変化している」と確信を深めていると強調しました。
「桜を見る会」での党と野党共闘に激励が寄せられ、「しんぶん赤旗」にも注目が集まっていること、たまたま食堂で赤旗を見た創価学会員が、元公明党副委員長の二見伸明さんの記事や小松泰信さんの入党記事に驚いて、購読を申し込んだなどの経験を紹介。「見本紙を大いに活用し、目標達成へ前進しよう」と訴えました。
討論では二十一人が発言。十八歳、十九歳の青年の発言では、要求と政治が結び付けば青年は変わること、学習を通じて成長し、立ち上がることを示しました。
「街角トーク」や入党働きかけの経験から、党綱領一部改定案が党の魅力を語る最良のツールとして力を発揮していることも紹介されました。
第二議案(党建設)にかかわり、「新入党員が生き生きと活動できる」支部づくりへ、アンケートも行い「みんなが発言できる支部に」と改善している経験、「ともに学び、ともに成長する努力を」と実践している経験などが語られました。

(兵庫民報2020年1月12日付)