記事を検索

2019年11月3日日曜日

菊本千永モダンダンスステージV:つながる命を踊る


「藤田佳代舞踊研究所モダンダンス公演 菊本千永モダンダンスステージV」が十一月九日に行われます。
菊本さんは、命の多様な在り方をテーマに作品を創ってきました。「命は流れていると感じます。空間上の移動だけではなく、その命が現代の命につながっていることは時間を流れる命を考えさせます。命は多様な在り方で次の命をつなぎ、広げてきました」―、今回のリサイタルで発表される作品はそのことに思いを寄せて選んだと菊本さんは語ります。
「月の森にねむる」のテーマは顧みられることのなくなった命。ひっそりと目覚め、誰に知られることもなくまたひっそりと眠りにつく命を踊ります。
「カクレミノを編む」のテーマは変容する命。幼虫がさなぎになり成体となるように変容を余儀なくされた命を踊ります。
「満ちる・10拍子の歌」のテーマはいま目の前で生きている命。
初演「across―わたしが生まれる」のテーマはつながっていく命。「多くの命が押し出してくれたから、今わたしはここに生きていることができ、そしてわたしもまた多くの命の一部として、他の命を押し出す存在である」ということに主題をおいて、「時計の刻む時間を超えた時間と命の流れ」を踊ります。

菊本千永モダンダンスステージV

11月9日(土)17時開場・17時30分開演、東灘区民センターうはらホール/当日3,500円(前売り3,000円)/主催:藤田佳代舞踊研究所 Tel. & Fax 078‐822‐2066、http://www2s.biglobe.ne.jp/~fkmds/index.htm

(兵庫民報2019年11月3日付)

日付順目次