記事を検索

2019年7月15日月曜日

西宮市議会「日米地位協定の見直しを求める意見書」全会一致で採択

七月八日、西宮市議会本会議で、日本共産党市議団が提案した「日米地位協定の見直しを求める意見書」が全会一致で採択され、国に提出されました。
意見書は、航空法や環境法令等の国内法があるにもかかわらず、それが適用されず、在日米軍に自由に訓練等ができる特権を与え、米軍基地のある諸外国と比べても主権国家としての権利が損なわれていることや日米地位協定は一九六〇年以来の締約以来一度も改定されておらず、補足協定等により運用改善が図られているものの、国内法の適用や自治体の基地立ち入り権もないことを指摘し、日米地位協定を抜本的に見直すことを求めています。
―佐藤みち子(西宮市議)

(兵庫民報2019年7月21日付)

日付順目次