記事を検索

2019年2月3日日曜日

観感楽学

大門実紀史参議院議員の著書『カジノミクス』が静かなブームになっている。すでに残部僅少という。本当に面白く、安倍内閣の「とばく経済」の実態を論破している▼その中に日本で最初の賭博禁止令は六八九年「双六ばくち禁止令」だったとの一節がある。持統天皇は、夫・天武天皇が真昼間から宮中で貴族らとばくちに興じる姿を憂い、それが世に広がる怖さを感じて禁止令を出したとか▼私は十五年ほど前、グランドキャニオンへ旅をしたことがあるが、ラスベガス空港に到着して度肝を抜かれた。空港の通路に出た途端、スロットマシンなどおびただしいゲーム機が並び、パチンコ店内を横切るようにしなければ出られない。ホテルのロビーもゲーム機に群がる人をすり抜けないとフロントに行きつけない。わざわざ「とばく場」に行かなくても空港もホテルも街全体が「カジノ」になっていた▼『カジノミクス』によると、いま狙われているのは高齢者の懐で、ギャンブル収入の七割がアメリカのカジノファミリー、アデルソン一族の懐に入るという。いやはや恐ろしい。「安倍、松井おぬしら悪じゃのお」と白州に引き出して裁いてやりたい。(D)

(兵庫民報2019年2月3日付)

日付順目次