記事を検索

2019年1月13日日曜日

観感楽学

あけましておめでとうございます。今年も新たな気持ちで頑張ります。▼一月と言うと今年で被災二十四年となる阪神・淡路大震災をどうしても思い出します。当時、私は取引先で兵庫区にある大手電機メーカーの仕事をしていました。地震発生から一週間ぐらいは自宅待機。その後、兵庫区の取引先で作業するように自社から連絡があり、中央区にある自宅から兵庫区まで片道二時間以上を歩いて出勤したことを思い出します。倒壊した建物が並ぶ道をひたすら歩き「どうなるんだろう」と暗い気持ちになっていました▼客先は敷地内にいくつもの建物が建っていましたが、被害は軽微で少し液状化が発生したぐらいでした。それでも仕事は午後三時ぐらいに終わらせ帰宅する日が暫く続きました。帰りもまた二時間以上かけ徒歩で家路を急ぎました。帰り道、公園の横を通ると、炊き出しをする人達が居て良い匂いがして笑顔もあり、助け合っている姿を見て何かホッとさせられる瞬間がありました▼いま神戸市は裁判で借上げ住宅居住者を追い出そうとしています。転居できない人にはできない理由があると思います。もっと被災者に寄添って欲しいと願います。(ふ)

(兵庫民報2019年1月13日付)

日付順目次