記事を検索

2018年12月16日日曜日

みんぽう川柳〈十一月〉「勤労」選者 島村美津子

特 選

使いすて勤労さえも廃棄物
 明石市 小西正剛

【評】人間が使い捨てのモノ扱い、いつの間にか「非正規」などという働かせかたが当たり前のようになり、過労死に至るまで。
一方では想像もつかない何十億円もの報酬を得ながら、コストカッターの名を持ち、超過激なリストラをやった経営者ゴーン。それをまた持ち上げる安倍総理。このままでは何もかも壊されそうな危機感に襲われる。
こんな世の中であっていいはずはない。真面目に働く者が報われ、働く喜びを感じて生きてゆけるそんな社会をとしみじみ思う。

入 選

勤労が過労に変わりもはや死語
 神戸市 長沼幸正

高プロで休めぬ勤労感謝の日
 神戸市 長尾粛正

勤労奉仕みなで頬張る塩むすび
 神戸市 松尾美恵子

勤労を誇りにしていた世代あり
 神戸市 梶山洋枝

働けどなかなかなれぬ正社員
 神戸市 塩谷凉子

家事仕事時間給金ほしいです
 明石市 山澤美智子

ⅠTで勤労感謝軽くなり
 明石市 門脇かつ子

年寄りの黄金の手はなぜ安い
 明石市 上河規江

パート労働外国人で安上がり
 芦屋市 梶原嘉代子

片言で介護の仕事つらい日も
 神戸市 小林尚子

寒くなり水仕事などあとまわし
 明石市 宮崎弘子

レストランちょっと贅沢給料日
 明石市 松永雪子

八十歳の勤労意欲まだ元気
 明石市 植木多佳子

徹夜明け半分ずつでコーヒー飲む
 尼崎市 中内眞佐子

みんぽう川柳募集 ▽十二月の題は「ハガキ」、締め切り十二月二十八日、一月の題は「「いのしし」、締め切り一月二十五日▽毎月第四金曜日必着▽応募は一人二句まで。葉書、メール、Fax(葉書大の枠を書き、その中に記入してください。切りそろえますので枠の外には書かないでください)に作品二句と氏名・年齢・住所・電話番号を明記し、編集部まで。

(兵庫民報2018年12月16日)

日付順目次