記事を検索

2019年1月6日日曜日

冬休み大人工作教室「吉祥文様を作ろう」

できあがったものを台紙にはりました

服部憲

七宝繋文様は、金銀瑠璃シャコ貝の殻などの七つの宝を表し、人の縁や関係の円満などの意味があります。
青海波文様は、無限に広がる海の波を表し、恒久平和の意味があります。図の発祥はペルシャで、シルクロードから伝わったといわれます。
折った紙をハサミで切ることで、この文様を作ってみましょう。
コンパスやモノサシを使って作図してみるのも良いでしょう。切り込みは鋭い方が格好いいですが、切りすぎるとバラバラになってしまいますから気をつけて。折った紙の誤差も出るので、試行錯誤してきれいな形を目指してください。
(団体職員)

七宝繋文様
①正方形の紙を図のように斜めに三回折ります。

②図のように文様を書きます。円の半径は計算か試行錯誤で決めてみてください。
③白い部分を切り抜きます。細い部分が離れないように。
④紙を広げてできあがり。

青海波文様
①正方形(長方形でも可)を図のように六つに折ります。

②図のように文様を書きます。
③白い部分を切り抜きます。
④紙を広げてできあがり。

(兵庫民報2019年1月6日付)

日付順目次