記事を検索

2018年12月30日日曜日

冬休み大人数学教室「甲羅を見てごらん」


中島隆夫

正月に散歩をしていると変なカメに出会いました。
カメは「私の甲羅の模様を見てごらん。一つの円に外接する正六角形と内接する正六角形があるでしょう。小さい方の六角形の面積と大きい方の六角形の面積の割合を求めて下さい。正解すると今年はきっといいことがあるよ」と言いました。挑戦してみませんか?
(日本数学検定協会数学コーチャー)

編集部から蛇足:カール・マルクスがヒントをくれました。「多角形の面積をはかり、比較するためには、それをいくつかの三角形に分解する。三角形そのものは、その目に見える形とはまったく異なる表現―底辺×高さ÷2―に還元される」(『資本論』第1巻第1篇第1章の8段落目)。ピタゴラスの三平方の定理も役に立ちますよ。


(兵庫民報2009年1月6日付)

日付順目次