記事を検索

2018年11月4日日曜日

兵庫県議会本会議:入江議員が採択主張し討論

学校のエアコン設置、市町への財政援助を求める請願


同日の県議会本会議で、日本共産党の入江次郎議員は、新日本婦人の会が提出した「学校施設への空調設置を急ぎ実現するよう、自治体に対し、県の財政援助を求める請願」の採択を求め、討論しました。
入江議員は、エアコン設置を求める世論の高まりに押され、政府が発表した二〇一八年度補正予算案で、公立学校のエアコン設置について八百十七億円を盛り込み、国庫補助三三・三%、交付税措置が四〇%まで引き上げられたが、「依然として市町負担分は二六・七%あり、市町にとっては重い負担となる」と指摘して、県の財政支援を求めるために本請願の採択を、と主張しました。
請願は、自民、公明などの反対により、不採択となりました。

(兵庫民報2018年11月4日付)

日付順目次