記事を検索

2018年10月7日日曜日

山下よしき「これが昼休みかぁ」

連載エッセイ9

生協労連五十周年記念レセプションであいさつしました(九月二十日)。
八〇年代の初め、私は大阪かわち市民生協(現おおさかパルコープ)の職員として、毎日トラックのハンドルを握り、地域の組合員にコープ商品を届けていました。
当時、生協の職場の労働条件はきつかった。午前と午後の配送の間には、昼食を一気にかきこむ時間しかないという状況でした。
そんな職場で若い仲間たちと取り組んだのが経済学の自主勉強会。毎週、文化住宅(木造二階建て長屋)の一室でチューターを交代しながら学習を続けました。しばらくすると、昼休みもとれずトラックに積み込み作業をする労働者の中から「これが搾取かぁ」と声が上がるようになりました。
そこで、労組分会として「働き方改革」に取り組むことに。ストップウォッチ片手に午前の配送から帰ってきた労働者一人一人の作業を分刻みで記録、全員分をまとめて問題点と改善方法を議論しました。
結論は、午前の配送から帰ったらすぐ休憩に入ること。午後の分の積み込みは午後一時から全員で協力しながらやること。そのために組合員さんに午後の配達時間が少しずれることへの理解を求めること。
やってみると、見事に全員三十分の昼休みが取れるではありませんか。うれしくて、もったいなくて、並んだトラックの前でテニスに興じ、一球打つごとに「これが昼休みかぁ」と噛みしめたことを覚えています。
レセプション会場に共感の拍手がひろがりました。
(日本共産党参院議員・党副委員長)

(兵庫民報2018年10月7日付)

日付順目次