記事を検索

2018年10月7日日曜日

川西・加東両市議選14日告示・21日投票

川西:現有議席確保へ黒田・北野・吉岡氏奮闘

黒田みち議員
北野のり子議員
吉岡けんじ氏

川西市議選(定数二十六)で日本共産党は、黒田みち氏(60)、北野のり子氏(55)の二現職と、新人の吉岡けんじ氏(49)の三人を立て、現有議席確保をめざします。
三氏は、くらし・福祉を支える市政へと①川西病院存続②中学校給食を自校調理方式で早期実現③長寿応援④防災対策拡充・被災者支援―などの政策を掲げ、「憲法を大切に、何より市民要求第一、とことんがんばる日本共産党の役割を訴えています。

加東:空白克服へこせき和夫氏が全力

こせき和夫氏

加東市議選(定数十六)では、日本共産党の新人のこせき和夫氏(69)が空白克服をめざし、国保税・介護保険料の引き下げ、農業後継者確保・育成、子育て支援策拡充などの政策を掲げるとともに市民の暮らし第一の政治をめざす党議席の値打ちを訴えています。

こせき和夫氏略歴

県立社高校卒。神戸中央郵便局勤務を経て、農業に従事。兵庫労連労働相談センター相談員、加東年金者組合役員。

(兵庫民報2018年10月7日付)

日付順目次