記事を検索

2018年7月8日日曜日

名張毒ぶどう酒事件支援する会現地調査報告とドキュメンタリー

無実の死刑囚・故奥西勝さんの無罪、名誉回復を求める名張毒ぶどう酒事件を支援する兵庫の会は、六月三十日、神戸市内で会員やアムネスティの方を含め支援者二十六人の参加で、東海テレビ制作の「眠る村」上映会と現地調査報告会を開催しました。
「眠る村」は、事件現場の村人の姿、冤罪犠牲者、家族の苦難を生々しく紹介し、事件から五十七年もたつ名張事件の真実と再審請求を棄却し続ける司法の不当性を告発した感動のドキュメンタリー番組です。
観たあと参加者から、無実の奥西勝さんを獄死させ、いま再審請求人である妹・岡美代子さん(89)の死を待つかのような司法の非人道的な対応に怒りの発言が相次ぎました。また、真実を隠すいまの安倍内閣とだぶらせて、冤罪をなくすためにも政治を変えたいとの発言もありました。
支援者一同、一日も早い再審開始、無罪をめざして支援運動を広げようと決意を固めあいました。
―近藤正博(国民救援会県本部事務局長)

(兵庫民報2018年7月8日付)

日付順目次