記事を検索

2018年7月8日日曜日

都市空間向上計画は撤回せよ:神戸市議会一般質問

市民意見409件中、賛成わずか12件

六月二十五日の神戸市議会本会議で日本共産党神戸市会議員団の金沢はるみ議員、西ただす議員が一般質問を行い、久元喜造市長の政治姿勢をただしました。
神戸市は、今年三月に都市空間向上計画の基本的な考え方案を発表しました。この計画は、神戸市を住み続けられる地域と住み続けられない地域に分断するものです。
神戸市が四月に行った市民意見の募集では、四百九件もの意見が寄せられ、賛成意見はわずか十二件。多くが計画への反対意見や不安・懸念の声となりました。多くの市民が都市空間向上計画など望んでいないのは明らかです。
神戸市は市民の意見を踏まえ、区域名称や施策の方向性、スケジュールなどを見直した「修正案」を公表するとしています。


金沢議員は「市民意見を踏まえれば、都市空間向上計画そのものを撤回すべき」と求めました。
金沢議員が久元市長に「四百九件の市民意見を全部見たか」と質問すると「似たような意見が沢山あり、共産党の組織的な運動の結果と感じたのでパラパラと見ただけ」と答えました。金沢議員は「大変失礼な話。パラパラと見て反対の意見が沢山あったら、組織的な意見だと切り捨ててしまうのか」「市民の率直な意見に対して団体的、組織的と言うのは非常に問題」「市民のパブリックコメントに寄せられている思いをくみとろうとしていない」と強く批判しました。

遊休市有地活用し認可保育園の建設を

久元市長は、二〇一八年三月末までの待機児童ゼロの目標を実現できず謝罪しました。
神戸市の待機児童は昨年の九十三人から三百三十二人と三倍以上に増えています。日本共産党神戸市議団は、これまで、待機児童解消は、市有地などを活用した認可保育所の建設が必要とくりかえし求めてきました。市長も待機児童対策緊急プロジェクトに取り組むとし「保育所用地の確保の努力が十分ではなかった」と認めました。


西議員は「遊休市有地を活用し認可保育所の建設を進めるべきだ」と求めました。久元市長は「待機児童を早期に解消できなかったことは申し訳なく思っている」「発表した緊急対策を全力で推進したい」としました。西議員は「小規模保育所の増設は困る、認可保育所の建設をと声があがっている。声をよく聞いてすすめて欲しい」と強く求めました。
国民健康保険料、済生会病院、神鋼石炭火力発電所、垂水区いじめ自殺問題、六甲アイランド高校生の生徒飛び降り問題についても質問しました。

(兵庫民報2018年7月8日付)

日付順目次