記事を検索

2018年7月1日日曜日

気軽に「青年のつどい」を毎月

日本共産党東灘・灘・中央地区委員会と民青東神戸地区委員会


東灘・灘・中央地区委員会は六月二十四日、民青同盟東神戸地区と共催で、「オコノミヤキ」青年のつどいを行い、十二人が参加しました。
自己紹介などの時間では趣味の話で盛り上がり、味口としゆき市議と地域支部の方がつくったお好み焼きや焼きそばを食べながら、とことん共産党のDVDをみて感想交流をしました。
参加者の中でも最年少だったのは、現在十五歳の高校一年生でした。毎週金曜日の脱原発デモを携帯電話で動画撮影をしながら一緒に歩いてくれたこの学生に、党専従が民青とつどい企画を紹介しました。「お好み焼きを食べながらだったら気軽に話ができそう」ということで参加した高校生は、「こんなに笑える場所があるとは思わなかった。本当に楽しいです」と話しました。民青について高校生用の民青紹介パンフレットを使い紹介すると、「選挙でどこに票を入れるか決めるのはその人。自分自身で考えて決められる主権者になりたい」と民青に加盟しました。
*
地区青年学生部は、青年が参加しやすいようなつどいを、気軽に毎月開催することを目標にしています。七月は「たこ焼きのつどい」を計画しています。

(兵庫民報2018年7月1日付)

日付順目次