記事を検索

2018年7月8日日曜日

知事・15市町長の写真入りヒバクシャ国際署名賛同呼びかけポスター

ポスターを掲げる岡邊好子理事長(右)と鹿島孝治副理事長

〝被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めます〟と訴える「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(ヒバクシャ国際署名)に賛同した井戸敏三知事と兵庫県内の十五人の市町長の顔写真・名前(一人は写真が印刷に間に合わず名前だけ)や三十九の賛同団体と個人六十人を掲載したポスターを兵庫県原爆被害者団体協議会が作成し、七月二日に発表しました。
兵庫被団協はおととしから各自治体首長や地方議員、各種団体に署名への賛同・協力を訴えてきました。全国でも早い時期に井戸知事が応じるなど賛同が広がった(現在、知事と二十三市長、十一町長)ことから、ポスターを企画し、改めて掲載を呼びかけたものです。これだけ多くの知事、市町長の賛同を掲載したポスター作成は兵庫被団協では初めて、全国でも初めてとみられます。
岡邊好子兵庫被団協理事長は「私も数えで九十歳ですが、このポスターを力にもうひとふんばり頑張ります」と核兵器禁止条約実現、核兵器廃絶への決意を語っています。


ポスターは各自治体の役所ロビーや公共施設、各種団体の事務所、個人宅への張り出しや、街頭署名活動などで活用してほしいと呼びかけられています。
一枚百円、購入・問い合わせは兵庫被団協まで。

(兵庫民報2018年7月8日付)

日付順目次