記事を検索

2018年6月24日日曜日

観感楽学

JR神戸駅をおり新開地方面に向かうときはいつも地下道=メトロ神戸を歩く。高速神戸駅の西改札口からさらに進むと、数年前までは三軒並んでいた古本屋さんがいまは二軒に。先日そのうちの一軒が休店曜日ではないのにシャッターを下ろしており「あーあ」と思ったが、臨時休業の断りメモに気づき一安心▼閉店した古書店といえば三宮・サンパルの二階にあった「ロードス書房」。勤労会館とは回廊つながりなので便利このうえなし。集会や会議の前後を利用して、古書店の二大特徴である「狭い通路」と「一見すると愛想のない店主」に気をつかいながらも至福の時間を過ごしてきた▼「店名は、マルクスも資本論で引用した『ここがロドスだ、ここで跳べ!』にちなんだものですか?」ついに聞けずじまいの質問だったが、閉店セールで『唯物論研究・復刻版全一八巻』をもとめたとき「全部そろえて買ってくれてありがたい」との店主のことばが、実質その回答だと思った▼同書房が新開地に移転しているのに最近気づいたが、ネットをのぞくとAKB48が三年前に出したアルバムも『ここがロドスだ、ここで跳べ』。うーん、それには手は出そうにもない。(T)

(兵庫民報2018年6月24日付)

日付順目次