記事を検索

2018年6月3日日曜日

山下よしき「命も健康もこれでは守れない」

連載エッセイ5

国民が求める「働き方改革」とはなにか。繰り返される「過労死」をなくし、増え続ける「非正規雇用」を規制し、だれもが「八時間働けば普通に暮らせる社会」をつくることではないでしょうか。
政府法案の、「残業時間の上限」月百時間は、過労死水準を超える「過労死合法化」です。「高度プロフェッショナル制度」はその上限さえかかりません。年百四日さえ休めば、二十四時間労働を四十八日間連続させても違法にならない「過労死促進法」です。
政府は、企業に「健康管理時間」を把握させ、一定時間を超えれば医師に面談させて健康を守ると説明します。そこで、わが党の高橋議員が「健康管理時間の把握をさせても、上限時間の義務付けがないから長時間労働を是正できない」と追及。加藤厚労相は「(残業相当分が)百時間を超えれば医師が面談する」というだけで、長時間労働に歯止めがないことを否定できませんでした。
さらに、加藤厚労相は、国民民主党の山井議員の質問に、医師の面談後も残業を続けさせ月二百時間にのぼっても、「違法性は問えない」と認めました。これでは健康を守ることはできません。
高プロを法案から削除する。残業の上限は月四十五時間・年三百六十時間という大臣告示を法制化し、例外なく守らせる。連続十一時間の休息時間を確保する――これが過労死の遺族が求めていることです。この声にどうすれば応えられるか、真剣に議論することこそ国会の使命です。
(党副委員長・参議院議員)

(兵庫民報2018年6月3日付)

日付順目次