記事を検索

2018年6月3日日曜日

須磨区女性後援会で大門みきし参院議員が講演

明るく元気な後援会活動が選挙で大きな力に


須磨区日本共産党女性後援会は、二〇一八年度「学習会と総会」を五月二十七日、新長田ピフレホールで開催。五十人が参加して大門みきし参院議員のお話に引き込まれました。
大門議員は、「神戸は学生時代を過ごした思い出のある街です」と自己紹介して、森友・加計疑惑、公文書改竄・隠蔽をはじめとする問題の〝根っこ〟がどこにあるか解き明かしました。
安倍政権は日本会議に支えられ何がなんでも憲法を変えようとやっきになっていること。政治の右傾化が戦争法を成立させ、教育に介入するなど、さまざまな問題を引き起こし、政治の私物化など、今までになかったことが起きていること。これらが恐怖政治に発展していくおそれがあること――などを指摘。しかし、国民と世論が安倍政権を追い詰めていると強調しました。
最後に大門議員は、明るく元気な後援会活動が選挙で大きな力になるとして、各地の後援会の取り組みを具体的に紹介して、楽しい学習会になりました。
国会議員の話を初めて目の前で聞いたという参加者も「眠くならず。集中して聞けた。よかった」と話していました。
総会では二〇一七年の活動報告、二〇一八年の活動方針、来年の参議院選挙・統一地方選挙を元気に頑張ることを確認しました。「選挙学校」など基本的な学習会を取り組みたいという意見も出ました。
山本じゅんじ神戸市議からの市政報告もありました。
―関和枝(同後援会事務局長)

(兵庫民報2018年6月3日付)

日付順目次