記事を検索

2018年5月20日日曜日

西宮・芦屋で「憲法カフェ」

民青同盟と共産党が共催


民主青年同盟西宮芦屋地区委員会の地域班「しろごはん」は、日本共産党地区委員会青年学生部との共催で五月十二日、「憲法カフェ―憲法と私の暮らしって関係あるの?」を行いました。
民青を知らせ、増やしていくために各地でおこなわれている「つどい」を、地区でも気軽にやってみようと、二月の民青と党の懇談会で決定。四月には西宮市長選挙や市議補欠選挙がありましたが、チラシ作成(民青が原案を担当)や当日の運営、お誘いの手分けなどを三回の打ち合わせで話し合い、進めました。また、ビラ作成などの費用は、党会議でつどいの取り組みを、班員が報告し募金を訴えて、たくさん集まりました。
当日は、チラシを見て八名の方が足を運んでくださり、総勢十六人でお茶とお菓子を囲み、賑やかで和やかな「つどい」となりました。
全員の自己紹介の後、「憲法について勉強したい」という参加者の声に応える形で、アドバイザーの明日の自由を守る若手弁護士の会兵庫の田崎俊彦弁護士が、「立憲主義とは」「日本国憲法の三原則」などの話をしました(写真上)。
参加者から、サービス残業が当たり前になっている職場での悩みや、きびしい校則、生活保護バッシングなど、基本的人権が尊重されていない実態が次々と出され、話し合いました。また、改憲論争で常に注目の的となる憲法九条について、専門家の認識を知りたくて参加したという青年から、「自衛隊違憲論争」について質問がだされ、このことでも大いに議論になりました。
「憲法が私たちの暮らしにつながっていることを周りの人たちにも伝え、憲法の大切さを認識する必要がある」「国民の自衛手段として、憲法を知る必要性を感じるとともに、本来憲法を守らなければならない人たち(権力者)こそが、憲法を学んでほしい」などの感想が出されました。
*
民青同盟員の拡大にはつながらなかったものの、民青と党地区委員会は今後も定期的に懇談を持ち、「つどい」を継続して開催することを確認しました。
―野口あけみ(西宮市議)

(兵庫民報2015年5月20日付)

日付順目次