記事を検索

2018年3月10日土曜日

借り上げ住宅強制退去:控訴審始まる

健康権保障も争点に


神戸市が借り上げ復興住宅の明け渡しを迫り、継続入居を望む入居者を訴えた裁判のうち、兵庫区のキャナルタウンウエストのNさん(80)についての控訴審第一回弁論が三月一日、大阪高裁で行われました。
満員の傍聴者がつめかけるなか借上弁護団の佐伯雄三団長が、入居者の主張、立証に十分耳を傾ける慎重な審理を求め、神戸地裁判決の誤りを指摘するとともに、神戸市の追い出し政策は入居者の健康権・生存権を侵害するとして、Nさんの継続入居を主張しました。
また、Nさんの生活実態を紹介するビデオも上映されました。
次回は五月十四日十四時開廷で行われます。

(兵庫民報2018年3月11日付)

日付順目次