記事を検索

2018年3月10日土曜日

観感楽学

防犯カメラの設置が問題になることがあります。ニュースで「防犯カメラの映像が決め手になり犯人逮捕」と聞くとカメラの設置も有効だと思ってしまいます。今では映像の録画だけではなく、顔認識システムと組み合わせることでより高度な使われ方をしようとしています▼私がソフト会社に入社した三十年ぐらい前、当時の上司が「顔認識ソフトを開発するとひと財産できる」と言っていました。認識精度の高いシステムを開発できたら導入する企業がたくさんあると考えられるからです。サービス業の顧客管理、病院などあらゆる業種で需要があると言われています。特に警察などは欲しがるでしょう。実用にはまだ時間が必要と言われていますが三十年前に比べると精度もかなり向上していると聞きます▼気になるのが危険性です。防犯カメラの設置が問題になるのと同じで、顔認識システムが一般化されることでのデメリットです。一番に懸念されるのは、個人情報の流出だと思います。フェイスブックに掲載した顔写真や氏名から個人が特定される可能性が高くなります▼生活が便利になるのは良いことですが、皆が安心できるルールを作り、そのうえで使って欲しいものです。(ふ)


(兵庫民報2018年3月11日付)

日付順目次