記事を検索

2018年3月25日日曜日

没後85年・小林多喜二の励まし

兵庫県小林多喜二記念集会


プロレタリア文学作家小林多喜二没後八十五年にあたり、二〇一八年兵庫県小林多喜二記念集会が実行委員会の主催で三月十八日、「こうべまちづくり会館」で開催され、七十人が参加しました。
記念集会のはじめに、数少ない女性アコーディオン奏者寺田ちはるさんがアルゼンチンタンゴの名曲などを演奏して会場の雰囲気を盛り上げました。
集会では戸崎曽太郎治安維持法国賠同盟兵庫県本部会長、浜本鶴男兵庫多喜二・百合子の会会長がそれぞれ挨拶し、今の時期に多喜二の意志と文学を継承する意義を指摘しました。
記念講演は、小林多喜二も学んだ小樽商科大学の荻野富士夫教授が「小林多喜二の生きた時代と現代―我等何を、如何になすべきか―」をテーマに詳しいレジメに基づいて行いました。
荻野氏は「さて、新しい年が来た。僕達の時代が来た。我等何を為すべきかではなしに、如何になすべきかの時代だ」という多喜二の一九二八年一月一日の日記を冒頭に紹介して、多喜二の生涯とその作品の意義を解明し、「俺達の運動は皆今はじめられたばかり、何代がかりの運動だ」と小説にも書き込んでいることを指摘して、後から来るものに期待をつないでおり、私たちもその覚悟が必要ではないか、と語りかけました。
参加者からは「現代に生きる我々に大きな励ましを与えてもらって、感謝します」「何十冊の本をよんだような値打ちのある集会だった」「もう一度多喜二の作品を読みたくなる話だった」などの感想が寄せられました。
堤隆二

第十六回阪神北 小林多喜二祭

第十六回阪神北小林多喜二祭が三月十七日の午後、いたみホールで開催され、約八十人が参加しました。

講演する上脇氏

侵略戦争へと突き進む一九三三年二月二十日、多喜二は特高に検挙されたその日に拷問死させられました。今年は没後八十五周年記念祭として、「小林多喜二の時代と安倍政権の『共謀罪』法」をテーマに上脇博之神戸学院大学法学部教授が講演しました。
年表をもとに、天皇を主権とした大日本帝国憲法が発布されてから戦争に突き進み治安維持法が制定された時代に生まれ、反戦平和、国民が主人公の社会を目指して活動した青年作家・多喜二の生き方を振り返りつつ、アメリカいいなりに戦争をする国につき進む現代の日本を批判。現代の治安維持法と言われる「共謀罪」による監視社会の危険性を説き、「戦争と弾圧はセットで行われる」と警鐘を鳴らしました。
また、安倍改憲策動の問題点を指摘し、その狙いが自衛隊の明記による戦争法の「合憲」化にあり、多喜二の人生から多くを学び改憲阻止、戦争法・共謀罪の廃止を目指そうとの話に大きな拍手が起こりました。
*
SUN-DYU氏

今秋行われる川西市議選の予定候補として現職の黒田みち市議、北野のり子市議と新人の吉岡けんじ(筆者)が多喜二の後輩として紹介され、第二部の文化行事ではSUN-DYUさんの冤罪根絶ライブが行われました。
吉岡けんじ

(兵庫民報2018年3月25日付)

日付順目次