記事を検索

2018年2月3日土曜日

山下よしき「本当の友人だからだと思います」

「きょうは共産党に文句を言うために来ました」
ドキッとする切り出しで子育て中の女性が発言してくれました。奈良でおこなった懇談会の一コマです。この二年余の市民と野党の共闘のなかでつながった方々に、安倍政治や野党共闘についての意見、日本共産党への注文を聞かせてもらおうと企画しました。
もちろん、昨年の総選挙で、いったんピンチになった野党共闘をよみがえらせるうえで共産党が果たした役割を高く評価していただいた意見もありました。
しかし、まだ足りないところがある、もっと変わってほしいという意見も同じくらい出されました。
なかには、人前で話すのは苦手だからと共産党への注文を文章にして読み上げてくれた方も。読む方にも聞く方にも真剣な緊張感がありました。
一時間半ほどの懇談を終え、私からごあいさつ。
「共産党を褒めていただいた方も、共産党に文句を言っていただいた方も、どちらもありがとうございました。文句を言うためにわざわざここまで来ていただいたというのは、本当の友人だからだと思います。しっかり受け止めて私たちも変わります。今度お会いしたとき変わってなかったらまた文句を言って下さい。私たちも共闘のなかで気づくことがあれば率直に意見するようにします」
みなさんから明るい笑顔と大きな拍手が返ってきました。よかった。
共闘のなかで私たちはすばらしい友人を得ました。この絆をもっと深く広くするために近畿と全国をめぐりたいと思います。(日本共産党参院議員・党副委員長)

新連載: 毎月第一週号に掲載

(兵庫民報2018年2月4日付)

日付順目次