記事を検索

2017年11月19日日曜日

2018年度予算編成:日本共産党県議団が申し入れ


日本共産党兵庫県議団は十一月十日、二〇一八年度の予算編成に対して井戸敏三兵庫県知事への申し入れを行いました。
*
ねりき恵子団長が挨拶し、いそみ恵子政調会長が五百八十一項目の予算申入書にもとづき要請。
▽安倍政権の九条改憲の動きに対して、改憲をするなと国に求めると同時に、九条を生かした平和外交をすすめること、核兵器禁止条約へのサインを国に求めること▽神戸製鋼のデータ改ざん問題の実態把握と再発防止策、石炭火力発電所新増設の中止を求めること▽農産物の価格補償と所得保障をセットで実現させること▽新名神工事での死亡事故などへの安全対策―などを求めました。
各議員からも県立病院などの三六協定違反是正、手話言語条例の制定、スクールソーシャルワーカーの全小中高校への配置、少人数学級の拡大、私学助成の増額、リハビリテーションセンターの阪神ブランチ建設、学童保育補助の拡充、被爆者二世検診の拡充など要望しました。
*
井戸知事は、「五期目の最初の予算編成となる。県民に失望を与えないように、五百八十一項目の要望をふまえ、予算編成にあたりたい」と述べました。


(兵庫民報2017年11月19日付)

日付順目次