記事を検索

2017年10月28日土曜日

豊岡・朝来・西脇・南あわじ市議選

四市の市議選が十月二十二日投開票で行われ、日本共産党(公認・推薦)候補が全員当選しました。
豊岡市(定数二十四、立候補二十五人、投票率六二・六九%)では、奥村忠俊(推薦)、村岡峰男、上田伴子の三現職が当選しました。得票合計五千百六十一票、得票率一二・〇八%。
朝来市(定数十八、立候補十九人、投票率六九・九二%)では、ともに現職の岡田和之、鈴木逸朗の二氏が当選しました。得票合計千三百九十六票、得票率七・八一%。
西脇市(定数十六、立候補十九人、投票率五七・八一%)では、現職の寺北建樹氏が千百二十票を得て当選、得票率は五・七八%。
南あわじ市(定数十八、立候補二十人、投票率六七・五〇%)では、ともに現職の蛭子智彦、吉田良子の二氏が当選しました。得票合計二千四百七十八票、得票率九・一六%。


(兵庫民報2017年10月29日付)

日付順目次