記事を検索

2017年10月15日日曜日

九条の会かわにし12周年記念講演会


九条の会かわにしは十月八日、川西市文化会館で十二周年記念講演会を開催し、一橋大学の渡辺治名誉教授が記念講演をしました。
*
渡辺氏は、「五月三日に安倍総理が行った提言は、二〇二〇年施行と期限を切って、九条に三項を加え自衛隊を書き込み加憲するというものだ。これは戦争法によって海外での武力行使が認められた自衛隊を憲法に書き込むもので、世界に誇る平和憲法が根本的に変質するもので、絶対認められない」と批判しました。
さらに、「七月の都議選で自民党は歴史的敗北をしたが、民進党の混迷をみて改憲を正面に掲げ、一気に打ってでた。憲法の歴史的危機だ。改憲か護憲か、対決軸は鮮明になった。九条の会は、初めて三千万署名の呼びかけ団体になった。国会改憲発議を許さないために全力をあげよう」と訴えました。
参加者は、市民と野党の共闘を本気で前進させ、憲法を守る勢力の勝利に頑張ることを意思統一しました。(今西清)


(「兵庫民報」2017年10月15日付)

日付順目次