記事を検索

2017年7月9日日曜日

兵庫県知事選―津川知久さん及ばず

市民運動の側から政策実現迫る決意


兵庫県知事選挙(立候補四人)は七月二日、投開票が行われ、憲法が輝く兵庫県政をつくる会の津川知久氏(66)=日本共産党推薦=は十四万九千票(得票率八・一%)を獲得しましたが、及びませんでした。当選したのは自民、公明、民進、社民の県組織が支援した現職の井戸敏三氏(71)。(各開票区ごとの各候補の得票数は→ 20170702_県知事選挙.xlsx
津川氏は、「人と地域を守る県政に」「兵庫から安倍政治ノーの政治の流れを」と訴え、安保関連法に反対するママの会や学者の会、医師、弁護士、原発事故による避難者、未来の社会を考える仲間たち、思想家内田樹氏、宇宙物理学者池内了氏などこれまでにない方々の支援も得てたたかいました。
二日夜、憲法県政の会役員らとともに記者会見した津川氏は、掲げた政策に多くの共感と支持があったと確信を語るとともに、「まだまだ訴えを届けきれなかった」と述べ、「今後、さらに大きな共同を広げ、市民運動の側から、五期目の井戸県政に対し、私たちが掲げた政策の実現をしっかり迫っていきたい」と新たな決意を表明しました。
*
選挙結果についての憲法県政の会の見解などは次号以降に掲載する予定です。


2017年7月9日付「兵庫民報」

日付順目次