記事を検索

2017年7月29日土曜日

がんばります!:尼崎市議 こむら潤

尼崎のお母ちゃんパワーで


尼崎市議会議員選挙で初当選しました、こむら潤です。この度の市議選は四十二議席に六十一人の立候補という激戦。私は地元、大庄地区で辻おさむ議員の後継として日本共産党の議席を守り抜きました。
地域の皆様から託された「くらし守って」「公共施設を残して」の思いを市政に届けていけるよう、頑張ります。
私はこれまで、家族や多くの方に支えられて、絵画講師の仕事と三人の子育ての両立に奮闘してきました。その中で保育園の父母の会や小学校PTAの会長を務めさせていただき、様々な学びを経験しました。
そうした活動を通して感じてきたことがあります。若者世代、子育て世代のゆとりの無さ、生きにくさは何なのか、戦争法も秘密保護法もすんなり通ってしまう、この世の中は何なのか。「じっとしていてはいけない。何とかするには、勇気を出して声をあげなければ」という思いで立候補に至りました。
今議会では文教委員会に所属が決まりました。これまでの子育てやPTA活動の経験をいかし、市民の皆さんの声をしっかりと聞いて頑張ります。
公約にかかげた「老人福祉センター千代木園・福喜園の存続」「安心・安全な中学校給食実施の早期実現」「子ども医療費は中学校卒業まで無料に」「国保料一世帯あたり一万円の引き下げ」には特に重点的に取り組んでまいります。よろしくお願いいたします‼

「兵庫民報」2017年7月30日付掲載

日付順目次