記事を検索

2017年7月29日土曜日

共謀罪・戦争法・秘密保護法廃止、憲法守れ、共同広げよう


憲法改悪ストップ兵庫県共同センターは七月十九日、神戸大丸前で、戦争法強行以来取り組んでいる共謀罪、戦争法、秘密保護法の廃止を求める定例宣伝を行いました。猛暑の中でしたが、成山太志兵庫労連議長をはじめ各弁士が安倍政権の憲法無視の暴走をストップさせるため共同を広げようと訴えると、激励や飲み物・食べ物の差し入れが寄せられるなどの反響がありました。
*

全教兵庫教組・高教組は七月二十二日、元町駅前で、「憲法九条守れ」と訴える宣伝を行いました。全国一斉で行われたものです。
「安倍首相はアメリカの戦争に参戦できる国に改憲しようとしている」「戦後七十年、戦争しなかった世界でも誇るべき日本の歴史をつくってきたのは憲法九条の力」「国民の力で憲法を守ろう」とプラカードも掲げて訴えると、宣伝物があっという間になくなりました。

「兵庫民報」2017年7月30日付掲載

日付順目次