記事を検索

2016年10月16日日曜日

「あさぎ」十月詠草 姫路年金者組合

朝晩は秋めく風に入れかわり稲穂をなでて風わたりゆく
あぜ道のまっ赤にそめし彼岸花もう秋分の日たがわず咲きぬ
藤原信子

今どきの中学校の文化祭漫才ダンスにジャズバンドまで
九頭竜の道の駅にて恐竜の玉子なるもの孫のおみやげ
山下直子

峠越え仙台平の袴付け椎葉入りせし柳田國男
稗搗き節「庭の山しゅうの木」は何ぞ山椒と知りし鶴富屋敷
衣川有賀子

米二合といでおいてと頼まれる小粒の米が手の中におどる
「新米も洗い方がたりないとおいしくないよ」と娘が注意
江藤雅江

一斉の蟬時雨聞き窓開けて雷雨の過ぎし通り眺める
十二人集いし友のその内で夫の達者は僅かの四人
常田洋子

「通勤の途中ですね」と赤旗の配達たのむ病室までと
興味ある赤旗の記事読み止めば聞いているよと催促される
田渕茂美

(2016年10月16日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次