記事を検索

2016年10月16日日曜日

姫路市職員の汚職事件:日本共産党市議団が市長に申し入れ


九月十二日、姫路市発注の道路整備工事を巡る贈収賄事件で、道路整備改善課長が逮捕、起訴されました。市の発表によると姫路市職員の汚職事件は二十四年ぶり。
日本共産党姫路市議団は、これは姫路市政への信頼を大きく失墜させるものであり、市民の信頼を回復し、二度とこのような不祥事をひき起こさないよう、九月三十日、市長に申し入れを行いました。
申し入れ項目は、①情報漏えいの全容解明を図ること②入札制度の検証、改善を図ること③「姫路市職員の倫理と公正な職務の確保に関する条例」を見直すこと④不祥事根絶のため、職員研修の強化を図ること。
同市議団の谷川まゆみ団長は、「この度の事件は、本当に残念なことです。まだ、事件の全容が明らかになっていませんが、今後ともこのような不祥事を起こさないため、また、どんな不当要求にも応じることのないよう、毅然とした対応を求めていきたい」と語っています。


(2016年10月16日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次