スキップしてメイン コンテンツに移動

「憲法連続講座」開講:兵庫革新懇

[兵庫革新懇が月1回全5回の「憲法連続講座」を開講します。
安倍政権が憲法改悪に執着して策動を続けているもとで、改憲阻止の運動を全国の隅々で発展させることが重要になっており、各地で多くの団体が学習や宣伝・署名活動などに取り組んでいますが、さらにこの運動を大きく盛り上げていこうと企画されたものです。日程とテーマは次のとおりです。

第1回
10月29日(土)13:30~
立憲主義と日本国憲法―成り立ちと基本理念
和田進(神戸大学名誉教授)
兵庫県中央労働センター1階小ホール

第2回
11月19日(土)13:30~
「自民党改憲草案」批判(緊急事態条項批判も)
野田健人(弁護士・明日の自由を守る若手弁護士の会)
兵庫県中央労働センター2階201号室

第3回
12月10日(土)13:30~
改憲勢力の主張と「日本会議」の役割
冨田宏治(関西学院大学法学部教授)
兵庫県学校厚生会館3階東会議室

第4回
1月21日(土)13:30~
安保法制(戦争法)は日本に何をもたらすか
上脇博之(神戸学院大学法学部教授)
(会場未定)

第5回
2月18日(土)13:30~
戦争法廃止、改憲阻止をめざす運動の発展のために
津川知久(兵庫労連顧問)
(会場未定)

進 行:1時間30分程度の講義の後、質疑も行います。
参加費:1講義受講800円、全5講義受講3,500円、
いずれも学生半額
定 員:60人。できるだけ事前申し込みをしてください。
「氏名・連絡先」を下の電話・ファクスへ。
☎&Fax 078‐351‐2610

(2016年10月16日付「兵庫民報」掲載)