記事を検索

2016年9月18日日曜日

兵庫県原水協が北朝鮮核実験に対し抗議文送付

原水爆禁止兵庫県協議会は九月九日、津川知久筆頭代表理事名で、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩(朝鮮労働党)第一書記あて抗議文「核実験強行に抗議し、すべての核兵器開発計画の放棄を求めます」を北朝鮮国連常駐代表部に送付しました。
抗議文では、北朝鮮が九日、五回目となる核実験を強行したことに「心からの怒りをもって抗議」すると表明。核実験・核開発は「朝鮮半島非核化共同宣言」「日朝平城宣言」「六カ国協議共同声明」など北朝鮮自身の国際公約を放棄する暴挙であり、北東アジアと世界の安定を害する許しがたい挑発だと抗議しています。
さらに、国連安保理の一連の決議で北朝鮮の挑発行為を抑止する意思を明確にしていることをあげ、国際社会の一員であるならば安保理決議を受け入れ、一切の核・ミサイル開発を即刻中止し、朝鮮半島非核化に向けて努力をするべきだとしています。
さらに、武力の威力を誇示しあう争いではけっして平和は守れないと指摘。核兵器禁止条約の実現をめざす国連などの議論の輪に加わることを強く要求しています。

兵庫県原水協の6・9行動(9月6日・元町商店街東口)


(2016年9月18日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次