記事を検索

2016年9月4日日曜日

革新芦屋の会が第五回総会


「平和・民主・革新の日本をめざす芦屋の会(革新芦屋の会)」は八月二十七日、第五回総会を開催しました。

兵庫革新懇常任世話人の前哲夫弁護士のあいさつのあと、小栗秋利事務局長が報告提案をしました。

同会が「沖縄を知れば安保が見える」と一貫して「沖縄」にこだわってきたなか、今総会では琉球民謡音楽協会名誉会長の大工哲弘さんのトーク&ライブを四十人の参加者が楽しみました。

本土での「日本歌謡大賞」などに出場するにもパスポートがいる時代から、〝唄と基地〟にずっと関わってきたことなどを語りながらの「安里屋ユンタ」「一坪たりとも渡すまい」「沖縄を返せ」「でかんしょ節」などなどに、参加者も手拍子をあわせ、ともに口ずさみ、思いを一つにしました。

「ただただ、大工さんのトークと三線の音色に感動」「平和な沖縄を平和な日本を取り戻したい」「元気をつける歌でも哀しみを感じます」などの感想もよせられました。
(副島圀義=革新芦屋の会事務局)

(2016年9月4日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次