記事を検索

2016年9月18日日曜日

日米合同演習反対9・11あいば野大集会

平松順子衆院兵庫2区予定候補(横断幕中央)ら兵庫県からの参加者

「ふるさとをアメリカ軍に使わせない滋賀県連絡会」が「日米合同演習反対9・11あいば野大集会」を九月十一日午後、高島市で開催し、滋賀県を中心に近畿一円からの約七百人が参加しました。
*
安倍政権が強行した「安全保障法制(戦争法)」の施行後初めて実施される陸上自衛隊饗あい庭ば野の演習場(滋賀県高島市)での日米合同演習は、昨年改定された「日米軍事協力の指針」により、自衛隊が南スーダンなど、海外で戦闘する際に対処すべき役割と戦術を米軍から学ぶもので、PKOの自衛隊の任務拡大で検討している「駆け付け警護」や「宿営地共同防護」で「殺し・殺される」事態の危険が増大します。
*
激励と沖縄の報告にかけつけた伊波洋一参院議員(左から2人目)

集会では、連帯激励に沖縄選出の伊波洋一参議院議員が駆けつけ、沖縄の現状報告とともに「沖縄の新基地建設反対と日米合同演習反対の闘いは」「日本を戦争する国にさせない」「共通のたたかいです」「共にたたかおう」と訴えました。
情勢報告を宮本たけし衆議院議員が行い、連帯スピーチ、リレートークなどのあと集会宣言を採択し、今津駐屯地前にむけデモ行進を行いました。
兵庫県からは平松順子衆院兵庫2区予定候補をはじめ平和委員会の役員など八人が参加しました。
(田中信一=兵庫県平和委員会)

(2016年9月18日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次