記事を検索

2016年9月25日日曜日

強行から1年:戦争法廃止を―県内40カ所超える取り組みに約千4百人

兵庫県憲法共同センターの神戸・三宮での宣伝

憲法共同センターの三宮での宣伝では堀内照文衆院議員も訴え

戦争法(安保法制)の成立から一年の九月十九日、兵庫県内各地で、憲法共同センターや1000人委員会、総がかり行動、九条の会、革新懇などそれぞれ多様な形で、戦争法廃止を求め、宣伝・集会・デモなどが行われました。豊岡駅前では但馬革新懇が集会を開催し、七十人が参加。尼崎では、戦争・原発・貧困・差別をゆるさない尼崎共同行動が百五十人の集会。明石では総がかり行動明石が百八十人の集会とデモ、二市・二町総がかり行動は加古川駅前で百五十人で集会など(党県委員会の集計で)四カ所の集会、三十八カ所の宣伝が行われ、千三百五十四人が参加しました。

丹波市9条の会連絡会のスタンディング(写真:西脇秀隆市議)

総がかり行動明石の集会(写真:党東播地区S氏)

命とくらし・平和を守る淡路連絡会の洲本での宣伝(写真:岡田教夫氏)

姫路では集会後雨の中デモ(写真:九条の会・西姫路)

東灘憲法共同センターの宣伝:マイクは同センター代表の藤末衛氏(写真:村上次郎氏)
加古川での集会では永井孝信元労働大臣も発言(写真:立花俊治氏)

(2016年9月25日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次