記事を検索

2016年8月7日日曜日

長田区革新懇が初めての学習会

元隊員の井上土浦市議から自衛隊の実情を聞く


講演する井上土浦市議

長田区革新懇は、二〇一五年十一月に結成して初めての学習会を七月三十日に開催しました。

テーマはいま注目の「自衛隊」について。元自衛隊員で現在、日本共産党茨城県土浦市議の井上圭一氏が話をしました。

井上氏は、自衛隊退職後、自民党を応援していたが、日本共産党の笠井亮衆院議員の話を聞き「まともなことだ」と思い入党したことなど自己紹介した後、南スーダンPKO、北朝鮮、沖縄米軍基地などの問題について語りました。

参加者からは次々と質問が出されました。「盆踊りに自衛隊がきて、子どもたちに装備を見せたり遊ばせたりする計画があるが、どう対処すればいいか」と差し迫った問いなどに井上氏は一つひとつ答えていました。

(池田守夫=同革新懇事務局長)


(2016年8月7日付「兵庫民報」掲載)

日付順目次